石動乃絵 in 城端曳山祭2018

f:id:Isurugi_Yoriharu:20180513012622j:plain

 truetears10周年の節目でついに辿り着いた境地…

城端曳山祭である。

祭にあわせて、truetearsの大規模イベントが同時開催される。

いわば、私たちttオタクにとってのメッカ巡礼のようなものである。

 

GW中の開催のため人混みでえらいことになるのではないか、という心配は杞憂に終わった。

観光客ひしめく金沢市街と比較すると、この富山の辺境は実に静かであった。

 

そう、私たちtruetearsオタク達は、石動乃絵と(あるいは、物好きの中には湯浅比呂美と)、壮麗な連峰と、なんとセフレの息吹を欲して、遠路はるばる、この北陸の小京都と呼ばれる街へやってくるのである。

 

f:id:Isurugi_Yoriharu:20180513012928j:plainf:id:Isurugi_Yoriharu:20180513013155j:plainf:id:Isurugi_Yoriharu:20180513013237j:plain

曳山祭はこんなかんじ。

 

残念だが、この祭では着物の美少女は主体ではないのである。

なお、夜にならないと山車は動かない。

 

さっそく本題に入る。

バスを逃したので徒歩で城端駅から桜が池に辿り着いた。

桜クエリの様子。

f:id:Isurugi_Yoriharu:20180513013842j:plain

f:id:Isurugi_Yoriharu:20180513013901j:plain

f:id:Isurugi_Yoriharu:20180513013915j:plain

 

非常にクオリティの高い展示物に驚かされる。

10年前、初めてtruetearsを視聴したときの、あの感動が蘇ってくる…

 

おぎゃあ…おぎゃあ…

 

f:id:Isurugi_Yoriharu:20180513014033j:plain

f:id:Isurugi_Yoriharu:20180513014103j:plain

f:id:Isurugi_Yoriharu:20180513014138j:plain

 

2008年の輝きが蘇ってくる。

青春の真っ只中に「truetears」を感じた私たちにとって、この世界こそが心の故郷である。

 

次回があれば、石動乃絵を絶対勝利させような。

 

2日目は高岡にいった。

f:id:Isurugi_Yoriharu:20180513014827j:plain

f:id:Isurugi_Yoriharu:20180513014848j:plain

 

高岡の有名たこ焼き店、HACHIHACHI。

あまりにも店内がガチすぎてビックリした。

f:id:Isurugi_Yoriharu:20180513014937j:plain

 

古ぼけた特集記事から、長いようで短い10年の歳月を感じ取った。

あれから10年も経ってしまった事実、しかし、truetearsは色褪せず私たちの心の中にあり続けているという真実。

ひさびさに充実した日々をおくることができた。

 

絶対むぎや祭もみんなで巡礼しような。

 

終わり

 

 

 

 

 

 

石動乃絵 in 中華人民共和国香港特別行政区

前回の台湾旅行が快適だったので、同じ中華圏の香港に興味が湧いていってきた。

 

国際線で日系の航空会社を使ったことがなかったのと、なんとなくカンパニーカラーとかが好みだったのでピーチの航空券を取ってみた。

ピーチのCAの服装は日系的な堅苦しい感じがないし、なんとなくセクシーな感じがしてよかった。写真をとっとけばよかった。

搭乗中はずっとCAの制服を凝視していた。

 

夜に到着してその日はすぐに眠った。

 

翌日。

f:id:Isurugi_Yoriharu:20180116204922j:plain

九龍のメイン通りの様子。

交通インフラは十分に整っていたし、大気汚染は全く無かった。

路上勧誘もほとんど無し。

 

f:id:Isurugi_Yoriharu:20180116205050j:plain

九龍公園の様子。

フラミンゴめいた鳥が大量にいた。あとそのほかにも色んな鳥が公園では飼われている。

多分大半は飼育されているんだろうけど、野鳥的な感じでのんびり暮らしてそうなのが良かった。

 

f:id:Isurugi_Yoriharu:20180116205449j:plain

ヴィクトリア湾の様子。山とビルのコントラスは、神戸を彷彿とさせた。

 

f:id:Isurugi_Yoriharu:20180116205625j:plain

中国旗と香港行政区旗。やはり旗が高々に掲げられているのを観ると、外国にきた実感がわいてきていいなあと思う。

 

土産屋で中国旗のマグネットを買ったら、土産屋のねーちゃんに「なぜおまえは香港で中国旗の土産物を買うんだ?」と煽られた。やはり香港民は本土民と少し毛色が違うのだろう。

 

f:id:Isurugi_Yoriharu:20180116205928j:plain

おしゃれででかい個性的な高層ビルが香港には山のようにある。ハイテクだ。が、何故かビルの工事現場の足場は一様に竹で出来ていて、一見なよなよしている。現代的な高層建築物にそういう竹細工めいた施しがされているのを観ると、ちょっと中国っぽいなと感じる。

 

2日目は博物館にいってきた。

f:id:Isurugi_Yoriharu:20180116210338j:plain

f:id:Isurugi_Yoriharu:20180116210749j:plain

香港の歴史ということで、現地の生活のほかにアヘン戦争とイギリス植民地時代、そして日本支配時代にフォーカスがあてられていた。

 

f:id:Isurugi_Yoriharu:20180116210813j:plain

面白いことにアヘン戦争とイギリス占領時代は淡々と説明されていて、あまり悲壮な感じがしなかった。

むしろ好意的にとらえているようにすら思えた。

 

f:id:Isurugi_Yoriharu:20180116210917j:plain

一方日本占領時代の展示はひどく暗く、あからさまに憎しみをもたれていた。

大陸でみた日本の軌跡は、妙に滑稽で、宙に浮いていた。

f:id:Isurugi_Yoriharu:20180116211034j:plain

 

あと当然のことながら、極めて自然な感じで台湾が中国に含められていた。

f:id:Isurugi_Yoriharu:20180116211114j:plain

 

夜はヴィクトリアピークにいってきた。

ここは寒いし風が強いし観光客が大勢いるのでお勧めできない。

f:id:Isurugi_Yoriharu:20180116211242j:plain

 

翌日ピーチで帰国。

はっきりいって言葉が違う以外は日本とあまり変わるところがない。インフラは整っているし、マクドナルドも寿司も気軽に食べることができる。物価は日本と同じ程度だ。

 

真冬の時期でも香港の気候は日本の秋ぐらいで、非常に過ごしやすかった。日本の冬の寒さから逃げるには実に良い環境だと思う。

 

おしまい

C93_サークル参加告知_灰羽連盟二次創作本

参加します。

f:id:Isurugi_Yoriharu:20171218230905j:plain

場所は二日目東O-30bです。

荒唐無稽な二次創作漫画を描きました。

気軽に遊びにきてください!

城端むぎや祭_PA宿泊オフ会_2017

今年もやってきてしまった。

truetearsファンならだれもが知る城端むぎや祭である。

f:id:Isurugi_Yoriharu:20170918200201j:plain

 

毎回一人でビールを飲んで、雨に打たれながら踊りを眺めて帰るだけなので、今回はオフ会に参加してみた。

 

城端駅下車後、まずは集合場所の駐車場に向かった。

f:id:Isurugi_Yoriharu:20170918200338j:plain

初めて生で見たかもしれない乃絵痛車

圧倒的存在感だった。

数年間デザインがほとんど変わっていないのが凄い。できれば主には生涯乃絵痛車でがんばってもらいたい。

 

この周辺には(私を含めて)一目でPAオタクと分かる人々が集結していて、祭りの雰囲気とは全く異質な存在感を発揮していた。

f:id:Isurugi_Yoriharu:20170918200651j:plain

PA旧社屋。閑散としていた。

 

ブログを書く為に撮った画像を流し見してみると、肝心の祭の踊りを全く撮っていないことに気が付いてショックを受けた。

 

雨がぼつぼつ降ってきたので宿泊オフに参加するオタク人達と共にコテージへと向かった。

ttの話題が当たり前のように通じることに感動した。

 

f:id:Isurugi_Yoriharu:20170918201104j:plain

おでん探偵 and so on。

 

会場では主催者の人が再生機器と大量の円盤をもってきてくれて、酒を飲みながらのPAアニメ鑑賞会が始まった。

f:id:Isurugi_Yoriharu:20170918201403j:plain

かわいい。

 

しばらくしてttが始まった。

f:id:Isurugi_Yoriharu:20170918201432j:plain

 

あっという間にバイク暖取りシーンがはじまった。

利用できるものはなんでも利用する比呂美にあらためて戦慄する。

f:id:Isurugi_Yoriharu:20170918201505j:plain

 

比呂美のことを罵りながら実況したくてたまらなかったけど、悪いのは比呂美であって、オフの場に居た比呂美派の人々は悪くないので思いとどまった。

 

最終話あとに後日談と思われる特典映像が流れ始めてびびった。

乃絵に友達ができるという展開に私の心は救われた気がした。

 

就寝。

次の日。

 

f:id:Isurugi_Yoriharu:20170918201747j:plain

宿泊したコテージのすぐそばにPA新社屋があるらしいので連れて行ってもらった。

時刻はだいたい8時。

外観は現代的で開放的な感じだったけど、休日で、しかも玄関が閉ざされているにもかかわらず二階に電気がついていた。

おそらく徹夜でアニメ制作作業をやっていたのだろう。

アニメ業界のブラックさを再認識した。

 

次に桜クリエカフェにいってきた。

f:id:Isurugi_Yoriharu:20170918202103j:plain

オタクを楽しませる意匠が凝らされていて、大変よかった。

ここではよろこぶそうめん(約1300円)が売られている。

PAの次回作に期待する人は是非課金してほしい。

 

帰りは車に同乗させてもらって金沢湯涌温泉へと向かった。

f:id:Isurugi_Yoriharu:20170918202408j:plain

f:id:Isurugi_Yoriharu:20170918202515j:plain

放送当時に行ったときと比較すると、オタクコンテンツのボリュームとクオリティが格段に上がっていて、湯涌はまだまだ現役だなと分かった。

いつの間にか格安のゲストハウスもできているし、PAオタクの人はぜひ足を運んでほしい。

 

台風がきていたので14時に金沢発。

 

今回はかなり楽しかった。

やはり同志と交流することは素晴らしいことだなあ。

来年もぜひオフ会に参加したいと思いました。

 

おわり

赤い世界

f:id:Isurugi_Yoriharu:20170902091532j:plain

 

 今年は10月革命によって世界初の社会主義国家が誕生してから100周年らしい。

 ソ連の礎が築かれた年である。

 

 ところで、日本では上坂すみれという優秀なソ連エヴァンジェリストが活躍しているというのに、上坂すみれ本人のソ連性が市井で語られることは殆ど無くて、彼女は専ら別の要素で評価されているように思える。悲しい。

 そういえばソ連ほど他国民にコンテンツとして親しまれる国家はなかなか存在しないのではないか。例えば上坂すみれは高校一年のときに偶然耳にしたソ連国歌に衝撃を受けて、今に至ると語っている。

www.asahi.com

日本に共産革命のビッグウェーブはやって来なかったが、ソ連は、今もこうして極東アジア上坂すみれの思想に影響を与え続けている。それは素晴らしいことではないだろうか。

 

serial experiments lainの90年代

f:id:Isurugi_Yoriharu:20170819103443j:plain

 

 lainの5話を観ていると、そういえば90年代にはこういうオカルティックな演出がテレビで流行ったな、と懐かしい気持ちになる。思えば、90年代の後半には新興宗教やらノストラダムスやら心霊現象のブームやらがあって世間はそれに沸いていた。

 lainの5話にはあの時の退廃的な雰囲気が濃縮されている。

 そして、00年に突入するとそういうブームがぱったりと消えて、社会が別のフェーズに相転移したのを肌身で感じた記憶がある。

 社会の技術は進歩した。あのときから日本社会は確実に没落していったんだけど、一方世の中のIT技術は素人にもわかるぐらい劇的に向上していって、例えばインターネットの速度は恐ろしく早くなっていって、パソコンの上でできることはどんどん多くなっていった。midiを聴いていたのが、いつのまにか音楽CDの音源を直接楽しめるようになった。個人発信のFlashコンテンツは、大手動画サイトが仲介する映像コンテンツに置き換わった。

 そんな中、いつのまにかモデムのピーガー音を聞かなくなった。

 いつから聞けなくなったんだろう。

 気の狂った岩倉美香をみていると、あの90年代の記憶が蘇ってくる。

serial experiments lainはわからないのに

f:id:Isurugi_Yoriharu:20170731191919j:plain

 

わからないのに面白いのが困る。さらに、自分の周囲での評価が良いので困る。

これは誘い笑いに近い感情ではないか?周りが笑っていたら、なんだかよくわからないが自分もつられて笑ってしまうことがあるように。

ある作品に対する、自分にとっての評価をうまく言語化できない場合、その評価はどこからもたらされたものか、うまく客観的に考えることができない。

もしかしたら、隣で一緒に視聴していた友人が凄く楽しそうに観ていたことだけを鮮明に覚えていて、その記憶だけが上手く自分の心の中にある作品の評価に接続して、「なんだかおもしろかったなあアレ」と記憶が変質してしまっただけかもしれない。

私たちの記憶や感情は曖昧で、周囲の影響を絶えず受けている。それによって評価される対象の好悪も、やはり曖昧で、周囲の影響を絶えず受けている。

 

逆も然りだ。周りが悪く言うので、なんとなく悪い評価をつけてしまうことがある。

自分自身を、少し自分から離れて観察することは大切な気がする。特に悪い評価をつけてしまった場合には、注意深く自分を観察したほうが良いと思う。