読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灰羽と街と壁について

f:id:Isurugi_Yoriharu:20170319101150j:plain

夏コミ予定本の表紙没絵追悼記念。

 

 ちょっとネットで検索してみたら灰羽連盟という作品は死後の世界を描いていると推測されているらしい。なるほど、「街は壁に囲われている」「灰羽は壁に近づいてはならない」「壁は死である(レキ談)」「いずれ灰羽は壁を越えていく」という設定を繋ぎ合わせると、そこには死者が一時的に訪れる休息の地という外郭がおぼろげにイメージできる。

 そこからさらに一歩進んで考察している人は、灰羽には若い人間しかいないので、きっとこの町は不幸にも早世した者たちの住処なのだろうと考えている。さらにラッカとレキの名はそれぞれ「落下する」「轢れる」を示していて、これはきっと自死した者たちに与えられる名前なのだろうと推理している。確かに彼女たちに付随しているけして払拭できない陰鬱さは、そのような後ろめたい過去に由来していると考えるとしっくりくる。

 

 この、壁に囲まれた箱庭的な街には捉えどころのないルールがあって、例えばトーガに話しかけてはいけない、触ってはいけないというしきたりがあるけど、これは物語の中でいくらでも破られているし、別段それに対する罰則があるわけではない。では一体なんのためにルールが存在するのか、という点は結局わからずじまいだ。一方壁の力は本物で、灰羽が壁に触れると超自然的な罰を受ける。街の中はある程度融通のきく快適な世界だが、壁は、頑として灰羽を受け付けない。唯一受け入れられる=壁の向こうにへと招待される瞬間は、灰羽が街で何かを成し得たときに初めて訪れる。

 結局のところ、この街で行われる営みは、私たちの住む厄介な現実社会の活動のトレースでしかなくて、灰羽たちは労働をしなければならないし、決められたルールに従わなければならないし、病気にもかかるし、ある日突然友人を失うこともある。しかし、この街に住む人は善良で、そこに現実の社会が抱える人間由来の非道は存在しない。なので、この街は人造的な慰労施設のような印象を受ける。

 

 ところで壁は多くの場合、抑圧と拒絶の象徴だ。ただ空間を隔てるためだけに構築された建築物は、その機能性だけが重視される。だから壁は往々にして無機質でのっぺりとしていて、人間的な営みを感じさせない。

 しかし、灰羽連盟における壁は少しばかり意味合いが違う。壁はいずれ「超えるもの」であって、人々を永遠に閉じ込めていく枷として存在しない。壁はいわば、灰羽たちに対する試練のために存在するように思う。そこに絶望的な抑圧と拒絶の意味合いはない。ここに、灰羽連盟の特殊性があるように私は思う。じゃあなんだといわれても、私はまだそこまで観ているわけではないので今日はここまで。

岩倉玲音共和国その2

f:id:Isurugi_Yoriharu:20170219224103j:plain

 先日、大量の安倍吉俊の画集を読む機会に恵まれて、読み漁っていたら、安倍吉俊lainの造形になかなか苦労していたらしいことが分かった。というのも、ある画集にlainのプロトタイプと想像できる少女が数ページに渡って、ズバババと書きなぐられていたからです。

あのヘンテコなアシンメトリー・ヘアや、どことなくこの社会の存在ではないことを匂わせる雰囲気の少女は、それなりに考え抜かれた結果生み出されたキャラクターであったらしい。

 面白いのは、安倍吉俊が描けば描くほど「ほぉ~確かにこれはよりlainっぽいね」と思える方向に修正されていったことで、これは私がlainの最終形を知っているがゆえの誤解かもしれないが、キャラデザという作業は、よくわからないセンスやらインスピレーションでパッパと済んでしまうものではなくて、土台を固めて少しずつブラッシュアップしていく泥臭い作業なのだなと理解することができて、興味深かった。

 画集のそのほかの作品をみてみても、安倍吉俊の素描絵の中には、凄まじく良いものもあれば、なんだこれ?というたぐいの物もあって、才能溢れる人間も、作品を生み出すのには苦労しているんだろうなあということがおぼろげに分かって、いろいろ思うところがあった。

 まあでもとにかく第一に大切なのは何が何でも納得のいくまで描きまくることで、私はそれを、あの世に出ることの叶わなかったlainのプロトタイプ達、不出来なDuplication達によって理解することができた。

 エヴァQの中で、カヲル氏も言っていた。「納得のいく音が出るまで、鍵盤をたたき続けるんだよ」(多少、台詞は私の脳内で改変されてしまったかもしれない)

 

「模倣」

f:id:Isurugi_Yoriharu:20170209225113j:plain

 

 ふと思い立って、目に留まった作品の真似をしてみると、何気ないところに素晴らしい技巧が凝らされていたり、模倣しようにも再現できないほどうまく作りこまれている細部に気が付いたりする。

 模倣はいけないことなのだろうか?

 その動機にリスペクトが含まれていようがなかろうが、それはある人の軌跡を辿る行為そのものなので、そこには景色が存在し、険しい道があり、達成感が存在するように感じる。そして最終的には、それらは開拓者たる作者への敬意へと還っていく。

 敬意というものは思いのほか大事なもので、たとえば軽蔑から建設的な未来を引き出すことは期待できない。一方敬意は向上心の駆動源となる。

 

 この社会で暮らしていると、人々は他者を褒めないことに気が付く。

 先日ツイッターのタイムラインを眺めていたら、「素直に人を褒めると気分が楽になる」という意味のRTが流れてきた。なるほど、人を褒めたところで誰も悪い思いはしないし、そこからは自ずと敬意が芽生える。一方、悪いところを探すような穿った見方から敬意は生まれないし、それは結局自分自身の行動に制限をかけることになると感じる。

久々に灰羽連盟をみた

f:id:Isurugi_Yoriharu:20170201215211j:plain

 

 serial experiments lainより圧倒的に作画が足りていない感じがしたのが悲しかった。

 

 主要人物が軒並み羽と輪っかをつけているということで、基督教的な訓示を含んだ物語と思いきや、肝心の羽と輪っかを付けている連中は労働に勤しんでいるし、しかも無賃労働に近い扱いで人間にこき使われる立場だし、なんだかよくわからないな、とりあえずかわいそうだなあ、というのが第一印象だったことを思いだした。

 あるいはこの物語は、抑圧されるばかりで反抗を知らぬ日本の労働者が喜んで労働に奉仕する様を戯画的に描いたものかもしれない。最近ではニューゲームというアニメに、お互いを美少女としか認識できなくなったサラリーマンのオッサンの悲哀を描いた作品ではないかという疑惑がかけられていたが、あれの先駆けがこの灰羽連盟だったのかもしれない。

 

 もうすこし真面目に作品を語ってみると、安倍吉俊のセンスの良さが存分に登場人物に反映されているなと感じた。特にレキのデザインは秀逸だと思う。不良っぽいけど明らかに不良ではない感じが良い。だけれど完全にお人よしという感じでもなくて、他人に決して侵害されたくない領域を心の隅に抱えている、そういう設定が透けて見えてくる感じ。一目見た瞬間にオールドホームで歩んだレキの人生がみえてくる感じがする。

 あとは世界観の作りこみなんかが良い。たとえば灰羽たちの住む町は壁で囲まれていて、壁から出ることができない。一部の存在だけが壁の向こうへ行ける。灰羽たちは使い古しの物しか使ってはいけない。灰羽はある日突然消え去ってしまう。街の外からやってくる人々は宗教的な衣裳をまとっていて、彼らに灰羽たちは言葉を交わすことができない。

 

 どことなく幻想的で独特な風習がある世界は、私たちの現実と微妙にリンクしている気がする。というのもそれらの設定は私たちの常識からすると一見奇抜なのだが、不思議とすっと受け入れることができる。千と千尋の神隠しを想像してもらえるならわかりやすいと思う。

 安倍𠮷俊の世界と私たちの世界は大きく異なるように思うけれど、なぜかその垣根はとても低くて、気軽にあっちへと渡ることができる。その辺の特長が、灰羽連盟がこれほどまでに長く多くの人々の支持を集める理由なのかなあと感じた。 

響け! ユーフォニアムは本当によかった

f:id:Isurugi_Yoriharu:20170110212055p:plain

以下ユーフォのネタバレになります。

 

 

 

2期10話、本心を頑なに胸の奥に仕舞ったまま吹奏楽部を去ろうとするあすか先輩を引き留める久美子が、大泣きしながら心の内をさらけ出す場面が本当にすばらしくて、齢三十歳間近の私の心が久々に、アニメで高鳴った。

 

作中のセリフを抜粋すると次のようになる。

久「あすか先輩と出たい!私が出たいんです!」

あ「そんな子供みたいなことを言って・・・」

久「子供で何が悪いんです!先輩こそなんで大人ぶるんですか!!全部わかってるみたいに振る舞って!」

久「先輩だってただの高校生なのに!」

久「先輩、お父さんに演奏聴いてもらいたいんですよね?誰よりも全国行きたいんですよね?」

久「我慢してあきらめれば丸く収まるなんて、そんなのただの自己満足です!」

久「あきらめないでくださいよ・・・!」

久「後悔するってわかってる選択肢を、自分で選ばないでください・・・」

 

このシーンのしばらく前に、久美子の姉の話があって、自分の本当にやりたいことを我慢しつづけた姉は、好きなことをやって人生を楽しんでいる久美子に嫉妬して堪忍袋の緒が切れてしまった。頑張って入学した大学も辞めようとしている。

そんな姉を傍らでみていた久美子は、同じように母親の都合(エゴ)で部を去ろうとしているあすか先輩のことを心の底から心配している、という背景がこのやりとりにはあります。

こういう物語はなかなか書けるようで書けないと思う。なんだか私は、このやりとりに作者の実体験を後ろ盾にした気迫のようなものを感じた。この久美子のセリフには久美子にしか言えない言葉が詰まっている。他人の言葉で虚飾されていない人間の感情がある。

なによりも、人の為に本気で泣くことのできる人間を私はここしばらくリアルでも、アニメでも見ていない気がした。そんな久美子に私は心を打たれたのかもしれない。

 

結局このブログで何が言いたかったかというと、みんなもユーフォニアムみよう、ということです。アニメ業界の新陳代謝は激しく、たいていの作品は1,2年後にはすっかり埋もれてしまう。この作品を1,2年の寿命で終わらせたくない。そんなことを考えて記事を勢いで書いてみた。いいか、みんなユーフォをみてくれ。

「観念」

f:id:Isurugi_Yoriharu:20161226211521j:plain

 供養を兼ねて表紙没絵をuploadします。

 

 先日、twitterをぼーっとみていたらAmazonGoのニュースが流れてきて、衝撃を受けた。

 なんで衝撃を受けたかというと、その話の前に枕としてパナソニックが開発した自動レジシステムの話題があって、これは要するにレジを無人化したということなのだが、AmazonGoではそもそもレジそのものを消滅させている。

 

www.nikkei.com

 私がそのとき見たのはNHKだったんだけど、すでにそのニュースが消滅しているので日経記事のほうを引用させていただきます。

AmazonGoはこの記事の最後のほうにちょろっと出てくる。

企業にとって人件費なんてないほうがいいに決まっているのに、しゃちょー殿が「フレンドリーな接客も必要」と言ってるのが厳しい。

 

おそらくパナソニックの技術者もローソンの偉い人もお店で物を買うのはかくあるべしって考えを持っていて、レジを消すなんて発想が想像の範囲外だったのだと思う。

一方アメリカ人はコンビニからレジを無くしてしまった。

 

私はこの話をみて、次のツイートがふと頭によぎった。

 

星新一の小説でそのような一節があったことは露ほども記憶にないのだが、とにかく「抽象的思考」とパナソニックの無人レジの話は妙に共鳴し合うように思う。

要するに、私たちは代金を支払って物をもらう場所に対してある観念を持っていて、その場所をお店と呼んでいるんだけど、この観念の枠内の具体的な作業を効率化する術や技術を持っているのがパナソニックの技術者で、お店という概念をぶち壊して再構築してしまったのがAmazonGoのエンジニアなのだと思う。

 

観念を破ることは容易ではない。というのも、言葉は私達の思考を強く規定していて、観念を破るということは言葉で縛られた思考から一度脱出する必要があるから。

 

月並みな疑問だが、AmazonGoのエンジニアとパナソニックの技術者は一体何が違うのだろう。

 

ところで、ほろびゆく日本語、という観点からはこの人が面白い記事を書いている。

脱線するがこの人の記事はどれも面白いのでみなさんにも是非読んでもらいたい。

gamayauber1001.wordpress.com

本当はもっと当記事にフィットする話があったのだけれど、どこにあるのかわからなくなってしまった。

 

この人の話を真と仮定するなら、単一民族の衰退とともに色褪せてゆく日本語と、様々な文化背景を持った人々が流入しつづける英語の世界では、どちらの将来が明るいかは、目に見えているように思える。

コミケ(C91)_serial experiments lain合同本_サークル参加告知

f:id:Isurugi_Yoriharu:20161220225006j:plainC

 

twitterではさんざん告知したけどブログでも改めてお知らせします。

 

C91金曜日(12/30)東地区Q41aに私のサークルが出店します。

サークル名:東西珈琲部

新刊:WELCOME/TO/WIRED! - serial experiments lain合同感想本

執筆者6名、64P

 

なかなか読み応えのある本に出来上がったとおもうのでlainファンの方、lainを知りたい方、ぜひとも当サークルにお越しください!

 

※ちなみになぜ今更広告をがんばっているかというと、ついさっきみた当サークルのカタロムになんにも情報が掲載されておらず、箸にも棒にもかからない状態なことを知ったからです。どうやら申込時の登録に漏れがあったらしい。

 

lainの本が欲しい人の元になるべく情報を届けたいと思いますのでよろしくお願いします!

 

参考:サークル詳細

f:id:Isurugi_Yoriharu:20161220225638p:plain