読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

truetearsナマ原画

2008年の息吹が聴こえる・・・ 京極夏彦の「魍魎の匣」では、さまざまな形で、現実ではない「あちら側」へと旅立った者たちが描かれた。或る者は圧倒的多幸感の中へ、或る者は底の見えない絶望の中へ、或る者は紛い物の怪物の中へ、或る者は本物の怪物の中へ…

最近、中学生時代に聴いていた音楽や、読んでいた漫画を押入れから引っ張り出してきて楽しむことが多くなった。 いま、20代後半より上の年代でオタク趣味をやっている人は、ほぼ例外なく暗い学生時代を送ってきた輩だと思う。というのも、僕らが中高生だった…