読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魑魅魍魎のインド

帰国直後、原因不明の高熱と下痢と吐き気に襲われ、肉体的にも精神的にも完全に死んでいたけどようやく復活の兆しが見え始めたのでブログを書くことにした。

 

訪問都市:

デリー→アーグラー→ワラナシ→デリー

日本人が良く行く道を素直に通った。

 

日程:

4/29~5/8

 

人数:

3→2→3→1

 

*************************************************************************

〇デリー編:

中國東方航空でインド・インディラガンディー国際空港へ。

トータルフライト時間は9時間程度。

 

深夜到着でヘトヘトの中入国審査の長蛇の列を待つ。

やっと審査員の前までやってきてパスポートを渡したら審査員が隣の同僚に声をかけて僕の顔を指さして笑いだした。それ以外はとくに何事もなく審査終了、通過。

 

朝になるのを待ってデリー市街に出た。

f:id:Isurugi_Yoriharu:20170514225147j:plain

こんな感じで牛が大量にそのへんを歩いている。

あと野良犬、ヤギもうようよしていて、非常にスリルがある。

 

まあ牛や犬などは実は全然問題にならなくて、デリーで本当に参ったのは客引きである。曖昧な態度をとりつづけると延々とついてくる。

で一人の客引きインド人を躱すと間髪いれず次のインド人がやってきて、ホテルやら旅行会社に誘導しようとする。これをホテルに逃げ込むまで延々と繰り返した。

 

あと、デリーの駅前で道を聞くと取り敢えずタクシーに載せられてよくわからない旅行会社へと連れていかれた。旅行会社を断って駅に戻るようにいうとまた別の旅行会社へと連れていかれた。

 

デリー訪問わずか数時間でこの街が嫌になった。

 

f:id:Isurugi_Yoriharu:20170514225916j:plain

デリーのモスクは本格的でよかった。

 

〇アーグラー編:

f:id:Isurugi_Yoriharu:20170514230023j:plain

デリーから電車で3時間ほどの場所にある観光都市。

駅前の客引きがデリーより酷くて、公衆便所に4人ぐらいのタクシードライバーがついてきた。

このタクシーのおっさんの一人にとりこまれ、アーグラーにいた2日間ずっと高価な土産物屋巡礼に付き合わされるはめになった。

 

タージマハルのことはあまり覚えていない。逆に強烈に覚えていることといえば、1日目の夜、売春宿につれていこうとするタクシーのオッサンを振り切り、タージマハルの前の前の広がる旧市街に逃げ込んだら脱出できなくなって、自暴自棄気味にペットボドルを振り回しながら歩いていたら犬に吠えられ、十数メートル追いかけられ、その間偶然横にいた二人組のインド人の少女にゲラゲラ笑われたことだ。

 

※アーグラーの旧市街は本当に迷路みたいで、一度迷いこんだら土地勘のない人間は決して自力で脱出できなくなるので、注意したほうがいいです。

 

f:id:Isurugi_Yoriharu:20170514230830j:plain

タージマハルは細部にも意匠が凝らされ、異様な感じだった。

 

〇ワラナシ編:

f:id:Isurugi_Yoriharu:20170514231032j:plain

f:id:Isurugi_Yoriharu:20170514231156j:plain

アーグラーからさらに400メートルほど東へと進めばヒンドゥー教の一大聖地がある。

ガンガーの川沿いに広がる街、ワラナシである。

この街もやはり客引きが酷かった。(個人的にはデリーより酷かった)

 

ここは今回、最も強烈に記憶に残った街で、なぜかというと結構な数の基地外に絡まれた。

 

①火葬場を見つけてしばらく人間が焼けるのを眺めていたらヤンキー風のインド人が隣についていきなりガイドを始めた。ノーマネーだよと確認の上で話を聞いていたら高台の上につれていかれそうになる。断固拒否したら、いきなり豹変して鬼の形相で怒鳴り始めた。多分この街からでていけ、クソ日本人!みたいなことを叫んでいたと思う。

怖かったので逃げるようにして川沿いの旧市街へと逃げ込んだ。

 

ここの旧市街も迷路めいた形になっていて、同じ場所に何度も何度もたどり着いてなかなか脱出できなかった。後ろからあの病的なインド人が追いかけてくるのではないかと思うと、気が変になりそうだった。

 

②やたらキレ気味の関西弁を使いたがる不良インド人の客引きに捕まる。

まさかインドで「なんでやねん!」「お前なんやねん!」をきくことになるとは思わなかった。

地球の歩き方にも掲載されているというシルク土産屋に連行されたが、店構えが明らかに普通の店じゃなくて入店を拒否したら殴りかからんばかりの形相で腕を捕まれる。

怖すぎたのでTシャツを1枚買って逃げた。

 

③裏路地のような旧市街でハッパ、ハッパと囁く太ったオッサンに腕を捕まれそうになる。空いてる手で自分の股間をもみしだいていて、これは本当に怖かった。

 

f:id:Isurugi_Yoriharu:20170514232616j:plain

f:id:Isurugi_Yoriharu:20170514232654j:plain

街自体は素晴らしかった。日没のガンガーを船の上でゆったりしながら楽しむのは本当に良かった。

 

f:id:Isurugi_Yoriharu:20170514232815j:plain

この修行僧のオッサンに100ルピーほどお布施したら写真撮影サービスもしてくれた。

 

〇デリー(二回目):

帰国するためデリーへ。しかし深夜のフライト便が2時間delayしたことで睡魔に負け、乗り過ごした。

絶望的な気分で空港を出て、デリー市街にある中國東方航空の予約受付オフィスへ。

翌日の便で帰ることになったので美術館(写真撮影OK)と大統領府へ寄った。

f:id:Isurugi_Yoriharu:20170514233257j:plain

f:id:Isurugi_Yoriharu:20170514233325j:plain

f:id:Isurugi_Yoriharu:20170514233349j:plain

美術館は展示物が非常に豊富で、当然ながら客引きもいないのでかなり快適だった。

一日中時間を潰せる。

 

f:id:Isurugi_Yoriharu:20170514233449j:plain

結構な観光スポットになってた。

 

→次の便で無事帰国できた。

*************************************************************************

 

学んだこと:

①できれば旅行先の空港内に窓口のある航空会社を使った方が良い。

インドの場合はエア・インディア。

チケット再発行の手間が全然違う。

②最後まで気を抜いてはいけない。

③積極的に話しかけてくる人はヤバイ。何か情報が欲しければこちらから誰かに尋ねること。

 

④GoogleMapはいつでも使えるようにしといたほうがいい。

ない場合は方位磁石。とにかく自分の位置や、向かうべき方角を少しでも知る手がかりがあるとかなり楽。