読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「高い城の男(The man in the high castle)」

f:id:Isurugi_Yoriharu:20170406220429j:plain

※原作のネタバレを含みます。

 

 

 

 

 

 ちょっと前にtwitterでドラマ版が流行っていたので感化され、ハヤカワの新訳版小説を買って読んだ。

 舞台は第二次世界大戦ナチスドイツー日本ーイタリア枢軸国連合の勝利で終結した数十年後の北アメリカ大陸

 原作の描写によると、かつてソヴィエトロシアが支配していた大地は「文明以前の状態」に戻され、アフリカ大陸では黒人がユダヤ人と同様の扱いを受けて絶滅し、アジア地域は全て大東亜共栄圏に編入され、アメリカがナチスと日本の傀儡国家に分割統治されている。つまり、世界自体が、ディストピア小説によくある、全体主義的な超大国によって統治された状態にある。

 この小説からはフィリップKディックひいてはアメリカ人のナチス観がダイレクトに伝わってきて面白い。

 大戦に勝利したナチスはその膨張主義を抑えることが出来ず、世界征服に乗り出す。

 ナチスはあらゆる統治地域で人種絶滅政策を断行し、アーリア人の植民に乗り出している。太平洋を横断する核ミサイルを開発するほどの高度な軍事・科学技術力を保持していながら、政権内部は恐るべき混沌が支配し、熾烈な権力闘争が水面下で繰り広げられている。その様は、圧倒的な虚無主義、複数の意志が内部に分裂して存在する怪物、と形容されており、正しく人類文明を破滅に導く悪鬼として描かれている。

 

 フィリップKディックが巻末で述べているように、この小説は「凡庸な人」が勇気を振り絞り、悪鬼たるナチスドイツとの戦いに身を投じてゆく物語だ。

 

 北太平洋岸連邦(日本属国)へ赴任している官僚の田上は、日本人の特権を利用して知り合いの古物商のアメリカ人チルダン氏を侮辱することを厭わない人物であるが、彼の運命は、ナチスドイツの最高指導者が死去し、ドイツ本国で継承者争いが繰り広げられ、その混乱がアメリカ大陸へも波及しはじめてから一変する。ナチスの会合に呼ばれた田上は、ドイツ本国の闘争の有力候補者達の行いを淡々と説明する司会者の言葉に精神をやられ、先の大戦ナチスと同盟を組んだ日本のあり方に疑問を呈するようになる。さらには、物語終盤で、ナチ党内の有力な一派が、日本列島に対して核ミサイル数十発を撃ち込む奇襲攻撃「タンポポ作戦」で一気に制圧する計画を練っている事実を、一派に敵対するナチの高官から打ち明けられ、さらにその直後SD(親衛隊保安部)の攻撃を受け高官と自分がドイツ本国から命を狙われている事実を知り、いよいよナチスへの絶望が田上を支配する。最終的に田上は、太平洋岸連邦内でナチスの秘密警察に逮捕されドイツ本国へ送られそうになっている哀れなユダヤ人を釈放し、日本本国の国益ではなく、個人の怒りによって、威圧的なドイツ領事に対して啖呵を切るまでになる。

 

 知り合いになったイタリア人の男と良い仲になったジュリアナ・フリンクは、男が持っていた大金で放蕩生活を送るようになるが、やがて、男が持っていた「イナゴ身重く横たわる」という小説に興味を持つ。この小説では、枢軸国が敗戦し、アメリカで自由民主主義が謳歌されている世界が描かれていて、ジュリアナはたまらなくこの小説の世界を恋しいと思うようになる。そして、その作者たるアベンゼンに興味を持つようになる。その過程で、ジュリアナは、なぜこのような小説を戦勝国民たるイタリア人が持っているのかと疑問を持ち始め、男に問いただしてみるがうまくごまかされるばかり。やがてジュリアナは、この男が実はナチスのSS(親衛隊)のスパイであり、太平洋岸連邦で暮らす「イナゴ身重く横たわる」の作者アベンゼンを暗殺するべく渡米してきたこと、ジュリアナ自身はアベンゼンに接近するために用意された駒であること知る。

 絶望に囚われたジュリアナは、このSSの男とホテルの一室でとっくみあいをはじめ、ついには男を殺してしまう。そして、ジュリアナはアベンゼンに暗殺計画を教えるべく彼の住処「高い城」を目指す。 

 

 この絶望に囚われた世界は、最後、奇妙な真実によって救われることになる。

 「高い城」へとたどり着いたジュリアナは、ついにアベンゼンと対面することになる。しかし、アベンゼンの自宅はまるで平和で、アベンゼン自身もどこか平和ボケしている。とてもではないが、反社会的な小説で一世を風靡した男の家とは思えない。そこでジュリアナは「易経」でこの世界を占ってみる。すると、今までジュリアナ達がみていた世界は実は虚構であり、アメリカが勝った未来こそが真実であることを易経は告げた。こうしてジュリアナは、安心してアベンゼンの自宅を後にする・・・

 

 緊迫感に包まれつづけたこの小説は、物語自身が実は虚構であるという事実によって弛緩し、救われる構造になっている。初見で読むとなんだか狐につままれたようなオチは、筒井康隆を彷彿とさせて面白い。こうして、SDの隊員を、正当防衛とはいえ射殺してしまった田上と、ついこの間まで恋人だった男を殺害してしまったジュリアナは、易経の宣託によって解放される。

 ところで、ジュリアナはともかく、田上はその事実をどのように受け止めるだろうか。アメリカが戦争に勝った世界では、当然日本人が白人にエラソーな顔はできない。それどころか、逆に蔑まれる。作中、神経が衰弱した田上が偶然真実の世界へ紛れ込む場面があって、白人ばかりが席に着くレストランで田上は「日本人に席を開けろ!」と怒鳴るが、白人からは冷笑の目しか向けられない。

 しかし、それでもなお、日本人にとっても、この虚構の世界は人類にとって意味をなさない呪いの世界であるということを、「高い城の男」は表明しているのだろう。