CANAANというアニメについて

f:id:Isurugi_Yoriharu:20160313230238j:plain

 truetearsは幸いなことに放映終了後も脚光を浴び続け、PAワークスの代表作品の一角に成り上がったがCANAANというアニメはすっかりアニメ史の奥深くに埋もれてしまい表舞台に姿を現すことは無いように思う。今なら冷静に振り返れるだろうか?

 CANAANはよくわからないアニメで、商業ベースでうまく行くとは到底思えない出来だった(ほめ言葉です)。もし武内崇を登用しなければおそらくPAワークスの決算に多大なる打撃を与えていただろうと思う。

 何が変かというと一般的に好まれるストーリー展開からおそらく意図的に大きくはずれた方向に物語を進めている点。序盤はよくあるハードボイルド物で、要するにヤクザな女首領とただならぬ因縁を持つ一匹狼(女)との抗争モノなのだがなぜか物語によくわからない重しがどんどん加重されていく。たとえばそれは「愛」だったり「ジャーナリズム」だったりする。何よりも物語のディティールが良く見えてこない。それは恐らく主人公であるカナンが、あの両儀式を超える「ポエム語り」で状況や己の心情を説明しようとするせいだと思われるのだが、このへんの妙な作風は是非アニメ本編で実際に堪能してもらいたい。

 最後まで観ると、「なんか原作(ゲーム)やってないとよくわからないな」「この作品はもっとうまく魅せることができたんじゃないか?」と思わせるのだが、私はなんだかこの辺のダメっぽさが結構好きで、たまにCANAANをツタヤで借りてきて観る。

 最近のPAワークスの作品は洗練?されてきて、CANAANのような荒々しい作品、悪く言えばうまく組み立てられていない作品が減ってきているように思う(それは当然な話なんだけど)。ここらで一発、俺たちの原始の記憶を呼び覚ますクレイジーな作品を打ち上げてほしい。新社屋も完成したところだし、初心に戻ろう!