湯浅比呂美に学ぶリハビリ

先週はサイコパスを観に行った。ストーリーは簡潔かつ明瞭で、コンパクトに纏め上げられていた。サイコパス特有の、あの世界の閉塞感をしっかり描くことができていたし、アクション的魅力にもあふれていた。あとネタバレになるけど、常守のおっぱいも見れた(さすがR15)。非常に完成度の高い作品となっていたので、まだ観に行ってないひとは劇場へ急ぎましょう。

f:id:Isurugi_Yoriharu:20150122234142j:plain

 

長らく東横インばかり利用していたので、、かなり久々に別会社のビジネスホテルの予約をした。私鉄資本の、ちょっと高級感が漂うホームページを持っていて、値段が少し割高のホテルだ。宿代は会社持ちなので気にしなかった。

小奇麗な客室に通された。おそらくどこかのコンサルタントが鉄道会社の役員を相手にあれこれと提案した結果の代物なのだろうな、と思った。窓の大きさはこれぐらいで、部屋の壁はこのような色にして、照明はこのぐらいにすると、安らぐ空間になります…そのような想像をしていると、なんだか村上春樹の小説を読んでいる気分になった。計算された空間、効率的な間取り、よく訓練されたフロントマン。ふとテレビをつけると、ルームシアターなる有料チャンネルを発見した。この中にあるAVのラインナップも、きっとコンサルタント会社の社員と、ホテルの経営者が真剣な面持ちで決めた代物なのだろうな、と思うと不思議と笑える気分になった。

AVの中身を確認すると人気作は全部熟女ものだった。